人生花あり草あり

2008年11月28日

クリスマスが来るね。昔のかわいいトナカイさん達。

街は日に日にクリスマス満載になってきていますね。イルミネーションがあちこちに、店先には赤い葉のポインセチアが並びだし、玩具屋のチラシも入り始め…
なのに昔のように心がウキウキしないのは、大人になってしまったから…それともサンタさん側になってしまったからかしら…

ド田舎で育った私には、サンタさんからのプレゼントなんて届いた事もなく、もちろん望んだ事もない!だって近所の子供達の所にもサンタさんが来たなんて話は聞いた事もなかったし〜。
それでも、年に一度寒くなり始めると、町内の回覧板でケーキの注文用紙が回って来るのです。
注文するときからドキドキ、楽しみに1か月以上待ち続けるのです。『いい子にしないとケーキは来ない!』と言われれば、誰もがお利口さんに!
クリスマスイヴの夕方…町内の班長さんの家に代金を握り締め子供達が続々と集まるのです。
今思えば…あの光景は、山道をケーキの箱を大事に抱え歩く小さなトナカイさんの行列に似てる?
あの頃クリスマスは本当にワクワクのイベント
ケーキがこの時以外我が家にやって来るこてはないのです。
今ではあまりお目見えしない、バタークリームのケーキ。ローソク付いてて、プラスチックで出来たポインセチアやプレートなんかも付いてきて、それを大事にテレビの上なんかに飾ってたりしたのです。
遠い昔の話ですが。
★小さな事にも 心動く人で いたいな。




Posted by papagana at 22:44

削除
クリスマスが来るね。昔のかわいいトナカイさん達。